株式会社 ジェイ・ピュールエモーション

ジェイ・ピュールエモーション サービス付き高齢者住宅の建築・土地活用・吉野の桧や杉などの自然素材を使用した注文建築

老人ホーム入居をお考えの方

 

ガレージが欲しい!

 

HOME»  断熱・気密へのこだわり

断熱・気密へのこだわり

冬暖かく、夏涼しい住まいを実現

「無垢の家」は、家全体を高性能な断熱材で、すっぽりと覆い、断熱性の高いサッシやドアを採用して、涼夏暖冬を実現しています。 冷暖房の使用量が少なくなり、電気代や冷暖房費が節約できる上、暖冷房負荷によるCO2の排出量が抑えられるため、地球環境にも優しい家と言えます。
「無垢の家」の入居者様からは、「冷暖房費がほとんど要らなくなった」と数多くの証言を頂いています。
「無垢の家」では、 断熱性能を表すQ値や夏の時期の日射遮蔽の性能を表すμ値を計算。 基準を上回っていることを邸別に確認します。

 

断熱材の厚み

 

ウレタン断熱 屋根
屋根面に下地材を施工し、ウレタンフォームを吹付けます。 最も過酷な条件下に有る小屋裏スペースにも十分な断熱施工が可能です。

ウレタン断熱 屋根

 

ウレタン断熱 壁
テープやシートで各部位に養生を行った後、柱・間柱・梁の間に隙間無くウレタンフォームを吹付けます。 気密住宅で最も問題である、職人ごとの気密性能の違いもほとんど無い、高い気密性能が確保できます。

ウレタン断熱 壁

 

ウレンタ断熱 基礎
基礎立上り部と土間折り返し1mウレタンフォームを吹付けます。防蟻対策として基礎の外側では無く内側に施工します。
基礎断熱をした場合の床下温度は1年を通して15℃から23℃程度で安定しています。 足元の冷え解消に大きな効果が有ります。

ウレンタ断熱 基礎

 

断熱材の等級 熱伝道率 住宅金融公庫の認定断熱材
Aクラス 0.040~0.045 グラスウール10K・吹込み用グラスウール18K
Bクラス 0.0.35~0.039 グラスウール16K・吹込み用セルローズファイバー30K
Cクラス 0.030~0.034 ロックウール・高発泡ポリエチレンA類・ポリスチレンフォームB類1種
Dクラス 0.025~0.029 ポリスチレンフォームB類2種
Eクラス 0.024以下 硬質ウレタンフォーム

 

冷暖房費節減効果